「家に住み替え」「勤め先の転勤のため・・」「離婚をしたため・・」「親から家を相続することになったため・・」など、家を売却する理由はさまざまですが、家を売りたいすべての人に共通していることは少しでも「家を高く売りたい」ということではないでしょうか。

少しでも家を高く売るためには、いくつかの重要なポイントがあります。このページは、少しでも家を高く売るためのコツやどのようなことに注意すれば良いのかなど、家を高く売るためのポイントをわかりやすくご紹介します。

複数の不動産会社へ査定依頼を出し比較すること

少しでも家を高く売りたい場合は、なるべく多くの不動産会社に査定を依頼し、比較することが最も大切です。なぜなら、同じ家やマンションであっても、仲介してくれる不動産会社によって査定金額に大きな違いが出るからです。

一度、複数の不動産会社に査定を依頼されるとわかりますが、不動産会社によってA社では1500円、B社では2200万円など、簡単に数百万円もの査定金額に違いが出てくることがわかります。ところが、こうしたことを知らない人は、複数の不動産会社に査定を依頼するどころか、比較さえもしません。

近所の不動産会社にいきなりに依頼を出したり、大手の不動産会社なら高く売ってくれるのではないかと思い込んで、いきなり契約を結び、売却の依頼手続を進めていきます。そうした人は不動産会社からすれば、とても都合の良いお客様で、売らないと利益にならない不動産会社は、少しでも安く売ろうとします。

そうすると、本来2000万円で売却できていたような家でも、1200円程度で売却されるなど、後々後悔してしまうケースも少なくありません。そのため、少しでも家を高く売るためには、複数の不動産会社に査定を依頼し、しっかりと比較することがとても大切なポイントです。

どうやって複数の不動産会社に査定を依頼するのか?

複数の不動産会社へ査定の依頼を出すといっても、毎日1社1社訪問して、物件を説明して、見積りを出してもらう方法は現実的な話ではありませんし、時間もコストもかかり、非常に非効率なやり方です。

そこで、便利なサービスとなるのが自宅にいながらネットで複数の不動産会社に査定依頼が出せる「一括査定サービス」を活用するということです。「一括査定サービス」は、売却予定の物件の所在地・広さ・築年数・間取りなどを一度入力すると、その物件に適した不動産会社が自動的に画面に表示されます。

そして複数の不動産会社から査定額をだしてもらうことができます。もちろん、一括査定サービスはすべて無料で査定依頼を行うことができますので、各不動産会社に売却予定の物件を毎回説明する必要もありません。

自宅にいながら、各不動産会社から出された見積りをしっかりと比較し、気になる不動産会社があれば、一度連絡をし、より詳しい見積りを出してもらうといった流れになります。

おすすめ一括査定サービス3選
サイト名 特長
イエイ不動産売却査定 ご利用者数300万人突破!
大手から地元まで1000社以上!
サービス誕生から10年の信用
スマイスター
ご利用者数350万人突破!
1,300社の中から比較できる
サービス満足度96%
Smoola(スモーラ) ご利用人数360万人突破!
2500店舗から比較できる
所要時間はたった45秒

一括査定サービス比較表を見てみる

上記は、一括査定サービスの中でも特におすすめできる一括査定サービスです。それぞれに違った特徴や強みがありますが、登録されている不動産会社の数も多く、使いやすいためおすすです。売却予定の物件にどれくらいの査定額が出るのか一度試してみるとより売却金額のイメージができると思います。

優良な不動産会社を選ぶ3つのポイント

一括査定サービスを活用して複数の不動産会社に査定をしてもらったあと、その中から気になる不動産会社があれば連絡をしています。その際、より良い不動産会社を選ぶための大切な3つのポイントについてご紹介します。

(1)査定額の根拠を説明してもらいましょう

複数の不動産会社に査定の依頼を出すことで、各不動産会社によってさまざまな査定額が出てきます。そこで、気になった不動産会社に「どうしてこの査定額になったのか?」を聞いてみて下さい。

良い評価となった部分、悪い評価となった部分をできる限り、細かく、これまでの売却事例なども含めながら説明してくれるような不動産会社には信頼性があります。一方で、査定額は妙に高いものの、根拠に具体性がないような説明しかできない不動産会社の場合は注意が必要です。

なぜなら、単に契約を取りたいがために査定額をあえて他社より高めに設定した可能性も考えられるからです。

そうした不動産会社の場合、実際に売り出すときには、査定額よりも安い価格設定での売却を提案してくる可能性も否めないため、査定額の根拠を説明できる、そして、その説明に納得のできる不動産会社を選びましょう。

(2)同じような物件の売買実績をみせてもらう

各不動産に、あなたがこれから売却予定の物件と近い条件の物件のこれまでの売買実績を聞いてみてください。その際に、売買実績のある会社では、具体的にどのようにどんな人に売れたかなど具体的に説明してくれます。

一方、同じような売買実績がないにしても、買手が見つけるような具体的な提案をされると信頼性は高いと言えます。しかし、実績もなく、具体的な売却方法や戦略も説明できない不動産会社の場合、その不動産会社を選ぶことはあまりおすすめできません。

(3)担当営業マンと必ず面会させてもらう

不動産会社を選ぶと、その後、不動産会社と契約を結ぶことになりますが、その後は、担当の営業マンと定期的に連絡を取り合う場面が多くなります。中でもはじめて不動産売却を経験する方にとってはわからないことも多いと思いますので、契約前に担当者をきちんと紹介して頂き、担当営業マンの振る舞いや姿勢、対応など、本当に信頼ができるかを見定めるようにしましょう。また、実際にお会いした際には、不動産売却において感じている不安や疑問なども質問してみましょう。実際に質問してみるとわかるのですが、経験豊富で安心感のある営業担当者の場合、とても親身になって対応してくれます。

一方、まだまだ経験の浅い新人の方や、教育がしっかりできていない担当者も実際にいますが、そうした方が担当者になると、連絡を取りたいときにスムーズに連絡がとれず、無駄なストレスを感じてしまうことになります。不動産会社の知名度やブランドだけで、決めるのではなく、どの担当者をつけてくれるのかまでをしっかりと確認するようにしましょう。

ここまでいかかでしょうか?ここまでは、不動産会社と契約をする前の段階として、最適な不動産の探し方と、そこからの選定の仕方についてご説明させて頂きました。何度も申し上げますが、家をできる限り高く売るために必要なことは、最適な不動産会社を見つけることです。一括査定サービスを活用し、複数社から査定額を出してもらい、気になる不動産会社へ連絡をし、実際の担当者と面会する。最初のこの作業だけでもきちんと行っている人といない人とでは、何百万円もの損してしまう人も出てくるため、まずは不動産会社選びからはじめていきましょう。

どこがいいの?
おすすめの一括査定サービス一覧

複数の不動産会社を比較すること」が大切であることはわかったけど、「どこの一括査定サービスを使えばいいのかわからない・・・」という方のために、利用者数・満足度・口コミの観点から特に評価の高い一括査定サービスを厳選してご紹介します。

イエイ不動産売却査定

  • ご利用者数300万人突破!
  • 大手から地元まで1000社以上!
  • サービス誕生から10年の信用

査定ができる物件種別が多い、国内最大級の一括査定サイトです。
「なんでも相談」「お断り代行サービス」「個別相談デスク」といったサポート面も充実しています。

スマイスター

  • ご利用者数350万人突破!
  • 1,300社の中から比較できる
  • サービス満足度96%

買取の他、任意売却、賃貸管理、土地活用、リノベーション、不動産業界M&Aなどについても一括査定ができます。
不動産に関するあらゆる悩みを比較検討で解決してくれるサイトです。

Smoola(スモーラ)

  • ご利用人数360万人突破!
  • 2500店舗から比較できる
  • 所要時間はたった45秒

不動産会社の登録数は2,500店舗と国内最大級!
物件の町名まで細かく判別し、地域でその物件に強い不動産会社を自動で判別してくれます。

不動産会社との契約後に、高く売るポイント!

仲介を依頼する不動産会社が決まると、その不動産会社と媒介契約という契約を結びます。その媒介契約後に、いよいよ物件が売りに出されます。不動産を売りに出すと、「一度、その物件をみてみたい!」という内覧希望者から不動産会社を介して内覧希望の連絡がはいります。もちろん、内覧希望者が内覧した結果、「買いたい!」と思ったら、そのまま売却は成立しますし、「やっぱ違うな!」と思ったら売却は成立しません。つまり、この内覧希望者に「買いたい!」そう思ってもらうことが重要になるのです。そこで、内覧希望者の購買意欲を高めるために大切ポイントを解説していきます。

(1)第一印象を良くする

購入するか、しないか、その第一印象はとても重要なことですよね。ドアを開けた瞬間、「思っていたよりも広い」「開放感がある」そうした印象をいかにもってもらえるようにするかを考えながら、綺麗に掃除をする必要があります。実際には広いリビングでも、モノが散乱していて内覧希望者が「想像以上に狭いリビングだな」と思われてしまうと、マイナスポイントになります。また、特に女性は水回りはとても気になりますよね。できるかぎり、生活感がないようにキレイに掃除をして「これなら購入したい!」そう思ってもらえる環境をつくることが大切です。

(2)押し売りはしない

内覧希望者の方から質問などを受ける場合もあります。その際、家の良い部分をどうしても言いたい気持ちになるのはわかりますが、あまり良い部分ばかりを言いすぎてしまうと、内覧希望者は「なんかあやしいな」という印象を与えてしまう可能性もあります。また、早く売却したいあまりに「ぜひ買ってください」など、営業をするようなことは控えましょう。家の良い部分よりも、周辺にはスーパーや学校などもあり、あるいは近所の方々も親切な方ばかりで、などそこに住んでいるからこそ、物件ではみえない価値を小出しで伝えるのがポイントです。つまり、内覧希望者の質問以外のことをペラペラを話さないことが大切です。

(3)ハウスクリーニングの検討も

いくら掃除をしても、部屋の汚れがどうしても落ちない場合は、ハウスクリーニングも検討しながらとにかくキレイで印象の良い部屋を目指しましょう。ハウスクリーニングが必要になるか、ならないかは不動産会社に相談をしてからでも良いですが、やはりハウスクリーニングで綺麗に掃除をした部屋の印象は本当に良いものが多いです。もちろん、ハウスクリーニングは費用がかかりますので、最終手段として利用するかしないかを判断する必要があります。

内覧希望者は、予算感などの条件はほぼクリアしている人達です。高い確率で購入してくれる方々をいかにそのまま購入に踏み切ってもらえるか、最後の一押しが内覧の際の対応そのものです。内覧希望者が決まる前から、売却を決めた日から、もういらない、使わないものなどは整理し、内覧希望者がいつきても対応ができる準備だけは心掛けておくことで、思ってもみなかったような金額やスピードで売却が成立をすることもありますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

よく読まれている記事 TOP5

  1. 一括査定サービス

  2. よくある質問

  3. マンションの売却

  4. 家を高く売るコツ

  5. マンションの売却

カテゴリー

PAGE TOP

不動産売却の基礎知識

不動産を売却する際に必要な書類とは?

不動産売却の基礎知識

不動産売却の「買取」と「仲介」では何が違うの?

マンションの売却

マンションの売却にかかる期間や目安は?少しでも短期間で売るためのコツ!

一戸建ての売却

これでOK!!一戸建て売却に必要な書類とその書類が必要なタイミングを解説

不動産売却の基礎知識

一般媒介のメリット・デメリットを解説!不動産会社と結ぶ媒介契約はどれがいい?