マンションの売却

マンションの売却にかかる期間や目安は?少しでも短期間で売るためのコツ!

マンションの売却を検討する中で、「売却までにどれくらいの期間がかかるのか?」「少しでも早く売る方法はないのか?」と気になる方も多いと思います。あらかじめ「何ヵ月くらいかかるものなのか」知っておくことで、事前の準備や引越しなどの予定も組みやすくなりますよね。

そこでこちらのページでは、

  1. マンションの売却にはどのくらいの期間がかかるのか?
  2. 売却期間を左右する要因にはどんなものがあるのか?
  3. マンションを少しでも早く売るためのポイント

この3つを中心に、マンションの売却期間に関する大切なポイントを解説していきます。

満足度の高い一括査定サービス3選
サイト名 特長
イエイ不動産売却査定 ご利用者数300万人突破!
大手から地元まで1000社以上!
サービス誕生から10年の信用
スマイスター
ご利用者数350万人突破!
1,300社の中から比較できる
サービス満足度96%
Smoola(スモーラ) ご利用人数360万人突破!
2500店舗から比較できる
所要時間はたった45秒

一括査定サービス比較表を見てみる

マンションの売却にはどのくらいの期間がかかるのか?

一般的に、マンションの売却にかかる期間は、平均で3~4ヵ月と言われています。もちろん、1ヵ月や2ヵ月程度で売れる場合もあれば、1年以上経っても売れない場合もあります。マンションの売却は絶対に何ヵ月で売れるといった決まったものはありませんが、売却期間を左右する要因を以前に知っておくことで、売却にかかる時間を短縮することができます。

売却期間を左右する主な3つの要因とは?

マンションが早く売れるか、長期間するか、を左右する要因は下記の3つのことが大きく関係してきます。

  1. 売却するマンションの条件
  2. マンションを売り出す時期
  3. 売却を依頼する不動産会社

(1)売却するマンションの条件

売却するマンションの条件とは、例えば、人気エリアにある人気のマンションであれば、すぐに売れる可能性は高くなりますよね。また、築浅物件など、まだ建ててまもないマンションであれば売れやすくなります。その他にも、最寄り駅から近い、駐車場がある、マンションの管理が行き届いているなどの立地条件も売れやすさに関係する要素です。さらに、マンションの販売価格も周辺の相場よりも安く売りだすのであれば、当然早く売れやすくなります。

(2)マンションを売り出す時期

マンションの条件以外にも、マンションを売り出す時期にも売却期間を左右する一つです。マンションの購入を検討している人は、基本的に年内入居を希望している人が多く、新居で新年を迎えたいと考えている人は秋先の9~11月に購入を決める傾向があります。また、賃貸物件から購入へとシフトしたりタイミングとして、転勤や子供が通う学校関係など、環境の変化がある春先1~3月が最も売れやすい時期と言われています。こうしたタイミングや時期に合わせてマンションを売却するのも一つということですね。

(3)売却を依頼する不動産会社

そして三つ目は売却を依頼する不動産会社です。中には以外と思われる方もいるかもしれませんが、いくらマンションの条件が良くても、実際にマンションを販売する不動産会社の販売力が弱いと、マンションが売れず、長期化することもよくあります。一方、マンションの条件が悪い物件であっても、販売力が高い不動産会社、あるいは独自の販売ルートなどをもっている不動産会社の場合、短期間ですぐに売ってしまうこともあります。つまり、早く売りたい、少しでも高く売りたい場合は、売却を依頼する不動産会社選びを丁寧に行い、しっかりと比較してから決めることをおすすめします。

マンションの売却はできるだけ早く動く!がポイント

もう既に、マンションを売却することが決まっている場合は、できるかぎり早めに売却の準備をはじめていきましょう。無料で行える「一括査定サービス」を活用して、「どくれくらいの価格で販売してくれるのか?」という視点から各不動産会社を一括で比較して、その中から仲介を依頼する不動産会社を選定します。不動産会社選びは、後々後悔する人も多いため、しっかりと比較検討するようにしましょう。

一方、まだマンションを売るか悩んでいる場合は、「いくらで売れそうなのか?」を知るために、マンションの相場を調べることをおすすめします。マンションの相場を自分で調べる方法については下記の関連ページにて詳しく解説していますので参考にしてみてください。

マンションを少しでも早く売りたい方へ

マンションの売却を考えている方の中には、既に「いつまでに売却したい」と売却しなかればならない日程などが決まっている場合もあると思います。このように「どうしても早く確実に売りたい」「なかなか売れないから困っている」という方には、「買取」という方法もあります。

マンションや家を売る場合は、「買取」と「仲介」の2種類の売却方法があるということです。つまり、「時間はかかっても、少しでも高く売りたい」と考えている方は「仲介」を、一方、「少しでも早く売りたい」という方は「買取」が向いています。「買取」と「仲介」の違いにつては下記の関連ページで詳しく解説していますでの、ご興味のある方はご確認ください。

マンション売却の期間に関するまとめ

いかがでしたでしょうか?
ここまでの解説で、マンションの売却にかかる、ある程度の期間がお分かりいただけたと思います。マンションを売却する場合は、最低でも半年前くらいから準備をはじめ、何より不動産会社選びは慎重に行ってください。マンションの売却を進めていく中で、いかに不動産会社が選びが重要であるか、をご理解いただけると思いますが、余裕をもって準備をすることで、不動産会社選びにも多くの時間を割くことができます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめの一括査定サービス3選

イエイ不動産売却査定

  • ご利用者数300万人突破!
  • 大手から地元まで1000社以上!
  • サービス誕生から10年の信用

査定ができる物件種別が多い、国内最大級の一括査定サイトです。
「なんでも相談」「お断り代行サービス」「個別相談デスク」といったサポート面も充実しています。

スマイスター

  • ご利用者数350万人突破!
  • 1,300社の中から比較できる
  • サービス満足度96%

買取の他、任意売却、賃貸管理、土地活用、リノベーション、不動産業界M&Aなどについても一括査定ができます。
不動産に関するあらゆる悩みを比較検討で解決してくれるサイトです。

Smoola(スモーラ)

  • ご利用人数360万人突破!
  • 2500店舗から比較できる
  • 所要時間はたった45秒

不動産会社の登録数は2,500店舗と国内最大級!
物件の町名まで細かく判別し、地域でその物件に強い不動産会社を自動で判別してくれます。

関連記事

  1. マンション査定で損をしない為の3つポイント!

  2. 一般媒介と専任媒介の違いは?メリット・デメリットを詳しく解説

  3. 査定前に要チェック!仲介業者(不動産会社)選びの4つのポイント

  4. 「マンション」を売って「一戸建て」に住み替えたい場合の流れと注意点

  5. 中古マンションの査定ポイントとマンションの査定価格に関係する5つの要因…

  6. 訪問査定の前に必ず用意するものリスト6選!

PAGE TOP

不動産売却の基礎知識

不動産を売却する際に必要な書類とは?

不動産売却の基礎知識

不動産売却の「買取」と「仲介」では何が違うの?

マンションの売却

マンションの売却にかかる期間や目安は?少しでも短期間で売るためのコツ!

一戸建ての売却

これでOK!!一戸建て売却に必要な書類とその書類が必要なタイミングを解説

不動産売却の基礎知識

一般媒介のメリット・デメリットを解説!不動産会社と結ぶ媒介契約はどれがいい?