マンションの売却

マンション査定で損をしない為の3つポイント!

マンション売却を行うにあたり、まずはマンション査定を依頼するところからマンション売却ははじまりますが、マンション査定において損をしない為の3つのポイントについて説明していきます。

マンション査定から売却までの流れを再確認

マンション査定から売却までの流れを再度、確認しておきましょう。

マンション売却の大まかな流れ

1、一括査定サービスを活用し複数の不動産会社に査定を依頼する
2、売却予定物件の相場感や査定額を把握する
3、上記の結果を踏まえ、仲介してもらう不動産会社を選ぶ
4、不動産会社と相談しながら売出価格を決める
5、売却活動開始
6、引渡し

上記のような流れでマンション売却は進みますが、最初に不動産会社を選んでからは、平均的約一ヵ月から半年程度で完了することが多いようです。前もって準備をしておくことでスムーズに進むことができますので準備を十分にしておくようにしておきましょう。

マンション査定を複数社に依頼する理由ってなに?

今回、はじめてマンションを売却する人にとってはどうしてマンション査定を複数の不動産会社に依頼する必要があるのかと疑問に思う人もいるかと思いますが、まさにこれが後々後悔をしないための大切なポイントでもあります。複数の不動産会社に査定を依頼する理由は大きく以下の2つ。

・相場を知るため
・不動産会社を見極めるため

複数の不動産会社に依頼する目的は「相場を知るため」そして「各不動産会社の対応」を見極めるためにあります。実際に複数の業者に査定をしてもらうと驚く人も多いのですが、不動産会社によって査定価格に1割以上の開きが出ることも多いのです。100円のものが1割安くなっても90円、1割高くなっても110円で驚くような金額ではありませんが、マンションの場合は価格が大きいのでそうはいきません。仮にも、売出価格が3000万円であれば、1割は300万円にもなります。ここを軽視することで後々後悔をしてしまうことが多いということのなのです。

また、どこの不動産会社に仲介をしてもらかの判断材料にもなります。これからやり取りが多くなる不動産会社の各社の担当者、あるいは対応などから良いお付き合いができる不動産会社を選ぶことができます。なのでマンション査定を依頼する際には、少なくても4社から6社には査定の依頼をすることをおすすめします。

ネットを活用すれば複数社への査定依頼は簡単!

複数社への査定依頼は面倒に思う人もいるかもしれませんが、確かに1社1社訪問し、やりとりをするのは大変です。しかし、今はネットを活用することで複数の不動産会社へ一回の入力で一括で査定依頼をお願いできるのでそうしたサービスを活用しながらスムーズに進めていくことができます。

例えば、NTTが母体の「HOME4U」というサイトでは500社もある中から、全国規模の大手から地元に強い業者まで様々な会社を比較することができます。「HOME4U」は歴史も古く信頼できるサービスとしてマンション売却希望者の多くが利用するサービスです。さらに、「イエイ」というマンション査定サイトもあります。これまで述べ150万人以上の人が利用している実績もさることながら、最大6社の査定結果が即日にわかることも嬉しいサービスです。

このように無料で手軽にできる一括査定サービスを活用することで時間や手間を省き、マンション売却をスムーズに進めていきましょう。

大手企業が好条件とは言えないマンション売却

仲介してくれる業者を選ぶ際、「大手企業の方が好条件で売れそう!」と思う人もいますが、実際にはそうとは言い切れません。なぜなら、マンションを探す人の中には「ある地域内で物件を探している人もいれば、学校区域に重点をおいて探している人が多いからです。

確かに大手企業は販売力もあり、売却実績も多いですが、必ずしも大手企業だからいいとは言い切れないず、横のつながりなど独自の販売ルートをもっている地域に根差した不動産会社の方が有効な場合もあります。なので大切なのはマンション査定の依頼をする段階では、大手企業も地域に根差した業者にも両方に依頼をすることがより成功するためのポイントになります。

マンションの査定額にはどんなことが影響するの?

マンションの査定では、基本的に立地、周辺環境、マンションの状態や築年数などがポイントになります。一つ一つ詳しくみていきましょう。

マンション査定に影響する「立地」

マンションの査定額に最も影響するのは「立地」です。特に最寄駅からの距離ですね。都心であればあるほど、駅からの距離が査定価格に大きく反映していきます。また、その最寄り駅に新幹線が止まるか、特急がとまるか、快速はどうか、などによっても違いが出てきます。当然、多くの電車が止まる主要駅の方が査定額は高くなります。

一方、郊外や地方では、駅までの距離よりも、駐車場の有無が査定額に影響することが多い傾向にあります。都心と違い電車やバスなどの公共交通機関よりもマイカーでの通勤をする人が多いからです。特に、人数が多い家庭の場合、一家に一台では駐車場が足りないケースもあるため、広い駐車場の有無もマンションの査定額には影響をあたえます。

マンション査定に影響する「周辺環境」

これは、マンションの近くに徒歩圏内に買物のできるスーパーの有無や子供の学校までの距離、公園や遊び場などが近くにあるのか?といった点もマンションの査定額に影響をあたえるということです。その他、病院、郵便局、コンビニ、銀行や役場などもマンション査定においては査定材料になります。中でも、子供やお年寄りを受けいれてくれる夜間の緊急病院が近くにあるかは査定額にも大きな影響をあたえる傾向にあります。

つまり、便利な施設が近くにあればあるほど、マンションの査定価格は高くなるということですね。

マンション査定に影響する「眺望や方角」

マンションのお部屋やバルコニーからの眺望や方角も査定額に影響をあたえる大切なポイントです。例えば、花火が見れる、あるいは夜景がきれいと言った場所で建てられたマンションであれば、高額査定になる材料にもなります。

また同一のマンションでも、階数や方角によって査定額は異なりますが、眺望や方角などの条件が良い場合は、積極的に不動産会社にアピールすることをおすすめします。もちろん、日当たりも査定額には関係してきますので、南向きである方が査定額にはプラスになると傾向があります。

マンション査定に影響する「グレード・築年数」

マンションのグレードや築年数も査定額に大きく関係してきます。当然、築年数が浅ければ浅いほどマンションの査定額は高くなります。特に、築年数に関しては1981年(昭和56年)以前に建てられたマンションなのか、あるいは以降に建てられたマンションなのかによって査定額は変わってきます。

これは、耐震構造が大きく関係しており、1981年6月以降に建てられているマンションでは新耐震基準を採用しているためです。購入希望者はこうした内容もチャックする方が多いのでマンションの査定額には影響をあたえます。

マンション査定に影響する「保守・セキュリティー」

これはマンションの管理組合がきちんと機能していて、お庭のお手入れなど定期的なメンテンスが実施されているマンションや、近年大規模な改修工事などを行っているマンションの場合は、査定額が高くなります。

また、マンションの管理人の有無や、24時間体制の管理、あるいは管理人の常駐なども査定額には関係してきます。マンション内の掃除に関しても、管理人が行う場合もあれば、清掃会社が行う場合もあり、こうした点も交渉ではアピールポイントになりますので確認しておくようにしておきましょう。

マンション査定に影響する「使用状況」

現在のお部屋の使用状況についても査定額に影響をあたえます。壁紙の汚れ、フローリングの傷、あるいはキッチンや浴槽にトイレといった水回りは消耗が激しい場合は、マイナス査定になりますので場合によっては業者に依頼した方が良いケースもあります。

しかし、掃除をして落ちる汚れはマイナス査定にはなりませんので、内覧希望者が訪問する際にはできる限り、綺麗な状態を見ていただくようにしましょう。

後悔のないマンション査定方法まとめ!

マンション売却は後々後悔をされる方が多いですが、マンション査定の流れやポイントはイメージできましたでしょうか。それでは今回の記事でお伝えしたことをまとめておきますので再度確認しておきましょう。

マンション査定の大事なポイント!

(1)複数の仲介業者から比較する
(2)一括査定サービスを活用して相場を知る
(3)信頼のおける不動産会社を選ぶ

「査定額の高さ」だけで決めてはいけない

はじめてマンションを売却する人がよく勘違いをしてしまうことが、「査定金額の高さ」で仲介業者を選んでしまうことにあります。しかし、マンションの査定額とは不動産会社基準で算出した目安の価格であり、実際に売れる金額とは異なります。

この点を利用し、あえて高額な査定金額を提示してくる悪徳な不動産会社もあるので注意が必要です。だからこそ、1社のみならず、少なくとも4社から6社に査定を依頼し、相場を知ることで適正価格を把握することができます。

また、一括査定サイトの場合、悪徳業者も審査を通過する必要があるため、そうした仲介業者は登録できないため、安心して理由できるというメリットもあります。身近に知り合いの不動産会社がいる人も、すでにある程度、不動産会社を決めている人も、一括査定サービスを利用しておくことで後々の後悔を最小限に抑えることができます。

どこがいいの?
おすすめの一括査定サービス一覧

複数の不動産会社を比較すること」が大切であることはわかったけど、「どこの一括査定サービスを使えばいいのかわからない・・・」という方のために、利用者数・満足度・口コミの観点から特に評価の高い一括査定サービスを厳選してご紹介します。

イエイ不動産売却査定

  • ご利用者数300万人突破!
  • 大手から地元まで1000社以上!
  • サービス誕生から10年の信用

査定ができる物件種別が多い、国内最大級の一括査定サイトです。
「なんでも相談」「お断り代行サービス」「個別相談デスク」といったサポート面も充実しています。

スマイスター

  • ご利用者数350万人突破!
  • 1,300社の中から比較できる
  • サービス満足度96%

買取の他、任意売却、賃貸管理、土地活用、リノベーション、不動産業界M&Aなどについても一括査定ができます。
不動産に関するあらゆる悩みを比較検討で解決してくれるサイトです。

Smoola(スモーラ)

  • ご利用人数360万人突破!
  • 2500店舗から比較できる
  • 所要時間はたった45秒

不動産会社の登録数は2,500店舗と国内最大級!
物件の町名まで細かく判別し、地域でその物件に強い不動産会社を自動で判別してくれます。

関連記事

  1. マンションの売却にかかる期間や目安は?少しでも短期間で売るためのコツ!…

  2. マンションの相場を自分で調べる方法とは?

  3. 一般媒介と専任媒介の違いは?メリット・デメリットを詳しく解説

  4. 訪問査定の前に必ず用意するものリスト6選!

  5. 査定前に要チェック!仲介業者(不動産会社)選びの4つのポイント

  6. 「マンション」を売って「一戸建て」に住み替えたい場合の流れと注意点

PAGE TOP

不動産売却の基礎知識

不動産を売却する際に必要な書類とは?

不動産売却の基礎知識

不動産売却の「買取」と「仲介」では何が違うの?

マンションの売却

マンションの売却にかかる期間や目安は?少しでも短期間で売るためのコツ!

一戸建ての売却

これでOK!!一戸建て売却に必要な書類とその書類が必要なタイミングを解説

不動産売却の基礎知識

一般媒介のメリット・デメリットを解説!不動産会社と結ぶ媒介契約はどれがいい?