マンションの売却

マンションの相場を自分で調べる方法とは?

マンションや家などの不動産を売ろうとしてたとき、気になるのは「うちのマンションはいくらで売れるのか?」ということですよね。マンションにも様々なタイプや特徴があり、「定価」というものはありませんが、「相場」というものはあります。実際に不動産会社に査定の依頼を出す前にマンションの「相場」を把握しておくことで、不動産会社から出された査定額が適切なものなのかその判断材料にもなります。

そのために、まずはある程度、今住んでいるマンションの相場を知っておきましょう。今回の記事ではそんな「マンションの相場を自分で調べる方法」について解説していきますのでぜひ参考にしてみて下さい。

マンションの相場を調べるおススメサイト2選

(1)レインズ・マーケットインフォメーション


公式サイト:レインズ・マーケット・インフォメーション

レインズ・マーケットインフォメーションは、不動産指定流通機構が保有する、不動産の制約価格などの取引情報を公開しているサイトです。指定流通機構とは、宅地建物取引業法に基づいて国土交通大臣が指定した不動産流通機構で、通称「レインズ」と呼ばれます。「レインズ」には、不動産会社を持つ不動産情報が登録され、不動産流通市場の透明性を確保する役割を果たしています。これにより、指定流通機構の会員である不動産会社間で、リアルタイムに不動産情報の交換が行われ、よりスムーズに最適な買主を探すことができるようになっています。

しかし、この「レインズ」の情報は免許業者である不動産会社しか見えれず、一般公開はされていません。そこで、一般の消費者が相場を適切に把握できるようと開発されたのが今回ご紹介する「レインズ・マーケット・インフォメーション」というサイトになります。

レインズ・マーケット・インフォメーションは、マンション・一戸建て、地域別の他にも、間取り、築年数、駅からの距離といった、様々な条件から直近1年の取引情報を調べることができます。この取引情報は、築年数を横軸、平米単価を縦軸とした散布図で表示され、一目で自分が求める物件の相場を調べることができます。不動産会社に査定の依頼を出す前に、今住んでいるマンションに近い条件を調べ、相場を把握することで、より有利な不動産取引を行うために活用することができます。

レインズマーケットインフォメーションの概要

対象物件:マンション、一戸建て
対象エリア:全国

(2)土地総合情報システム

続いて紹介するのが、国土交通省が提供している「土地総合情報システム」です。誰も安心して不動産取引を行えるよう、実際の不動産の取引価格はもちろん、地価公示、都道府県地価調査の情報を自由に検索できる便利なシステムです。提供されている取引情報は全国120万件を超え、四半期ごとに情報も更新されているので常に新しいデータから相場を調べることができます。

土地総合情報システムの概要

対象物件:土地、一戸建て、マンション、農地など
対象エリア:全国

相場を調べた後は、不動産会社に査定の依頼を行う

ある程度、相場を調べた後は、実際に不動産会社に査定価格を出してもらうために、査定の依頼をします。査定には、簡易査定と訪問査定という2種類の査定がありますが、まずは複数の不動産会社に簡易査定を依頼し、その査定結果を踏まえ、不動産会社を絞り、中でも気になった不動産会社に訪問査定を依頼するという流れが一般的です。

かんたんオンライン査定(簡易査定)

簡易査定は、インターネットを使って行うのですが、物件の状況を把握していれば1分程度で必要事項の入力も完了し、それだけで同時に複数の不動産会社に査定の依頼ができます。そして、複数の不動産会社が出してくれた査定額を確認してみましょう。場合によっては数百万円の差が出ることもありますので少しでも多くの不動産会社の査定を比較するこが後々損をしないためのポイントです。

一括査定サイト満足度ランキング
サイト名 特長
イエイ不動産売却査定 ご利用者数300万人突破!
大手から地元まで1000社以上!
サービス誕生から10年の信用
スマイスター
ご利用者数350万人突破!
1,300社の中から比較できる
サービス満足度96%
Smoola(スモーラ) ご利用人数360万人突破!
2500店舗から比較できる
所要時間はたった45秒

一括査定サービス比較表を見てみる

上記は、複数の不動産会社に一括で査定依頼行えるサービスです。中でも利用して特によかったサービスを3つ厳選して紹介していますので、ぜひ試してみてください。ここで紹介しているオンライン査定サービスは全て無料で利用できますので、「うちのマンションは、いくらの値がつくのだろう」と疑問に思ったら簡単に利用ができるので、実際の査定価格を出してもらるのでよりイメージが具体的になってきます。

少しでも高く売るなら不動産会社選びは最も重要

もしもこれから売る予定のマンションを少しでも高く売りたいと考えている場合は、とにかく仲介をお願いする不動産会社選びに妥協しないことを強く伝えておきたいと思います。もちろん、売る物件の状態や条件も高く売れるかどうかには影響してきますが、それでも不動産会社の選定を間違えてしまうと、結局値下げして相場以下の価格で売却しなくてならない可能性も高くなります。

一方、たとえ築年数が古く、条件が良いとは言えない物件でも、販売力の優れた不動産会社であれば、独自のネットワークから高い値段で売却してくれる可能性も十分にあります。それほど、仲介を依頼する不動産会社選びには妥協をしない方が本当に良いと思います。

実際に、一括査定で複数の不動産会社に査定価格を出してもらうとわかりますが、査定の視点やポイント、評価の付け方も不動産会社によって異なるため、平気で数百万以上の査定価格に差が出てきます。せっかくの不動産売却なので、少しでも高く売りたい場合は不動産会社選びに妥協せず、進めていきましょう。

どこがいいの?
おすすめの一括査定サービス一覧

複数の不動産会社を比較すること」が大切であることはわかったけど、「どこの一括査定サービスを使えばいいのかわからない・・・」という方のために、利用者数・満足度・口コミの観点から特に評価の高い一括査定サービスを厳選してご紹介します。

イエイ不動産売却査定

  • ご利用者数300万人突破!
  • 大手から地元まで1000社以上!
  • サービス誕生から10年の信用

査定ができる物件種別が多い、国内最大級の一括査定サイトです。
「なんでも相談」「お断り代行サービス」「個別相談デスク」といったサポート面も充実しています。

スマイスター

  • ご利用者数350万人突破!
  • 1,300社の中から比較できる
  • サービス満足度96%

買取の他、任意売却、賃貸管理、土地活用、リノベーション、不動産業界M&Aなどについても一括査定ができます。
不動産に関するあらゆる悩みを比較検討で解決してくれるサイトです。

Smoola(スモーラ)

  • ご利用人数360万人突破!
  • 2500店舗から比較できる
  • 所要時間はたった45秒

不動産会社の登録数は2,500店舗と国内最大級!
物件の町名まで細かく判別し、地域でその物件に強い不動産会社を自動で判別してくれます。

関連記事

  1. 訪問査定の前に必ず用意するものリスト6選!

  2. マンション査定で損をしない為の3つポイント!

  3. 一般媒介と専任媒介の違いは?メリット・デメリットを詳しく解説

  4. マンションの売却にかかる期間や目安は?少しでも短期間で売るためのコツ!…

  5. 査定前に要チェック!仲介業者(不動産会社)選びの4つのポイント

  6. 「マンション」を売って「一戸建て」に住み替えたい場合の流れと注意点

PAGE TOP

不動産売却の基礎知識

不動産を売却する際に必要な書類とは?

不動産売却の基礎知識

不動産売却の「買取」と「仲介」では何が違うの?

マンションの売却

マンションの売却にかかる期間や目安は?少しでも短期間で売るためのコツ!

一戸建ての売却

これでOK!!一戸建て売却に必要な書類とその書類が必要なタイミングを解説

不動産売却の基礎知識

一般媒介のメリット・デメリットを解説!不動産会社と結ぶ媒介契約はどれがいい?